むざむざと敵に城を明け渡すアホで間抜けな老害自民党

もしかしたら、ここで「貸し」をつくろうという深謀遠慮なのではという可能性もふと脳裏をよぎるが、あの自民党老害ボンボン連中を見てるとそんな考えはあっさり吹っ飛んでしまうのだった。



何のお話かというと、こういうこと。
木走日記 - 国連でたった二日で中国に形勢逆転された日本〜老獪な中国外交と蒼い日本外交



中国、北朝鮮問題で日本は「火に油を注いでいる」と非難とか北朝鮮ミサイル:「自衛のための敵地攻撃」韓国政府が非難とかいった発言に対して、日本のネット界隈では、バカだのチョンだのといったうれしそうな声があちこちから上がっていますが、



お前らの方が100倍はバカだと言いたい。



理由はこれである。

id:Jonah あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!『安保理で中国を孤立させようとしてたら何時の間にか日本が孤立していた』何を言ってるのかわからねーと思うがおれも何をされたのかわからなかった…


はてなブックマーク - Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - 北朝鮮ミサイル 採決メドが立たず、政府に手詰まり感

そして、それを見越していたのが、例の緑色の人のこのエントリである。



切込隊長BLOG(ブログ) - 「敵基地攻撃論」は早漏


相変わらず読者の目に優しくないサイトデザインである。特にここの次に白いページに移ったときに視界がもやんもやんするのである。どうにかしてほしい。






……それはともかく、


結局のところ、木走日記 - 北朝鮮制裁決議案採決は日本外交の歴史的勝利か?〜戦後国連外交史上初めて日本が中国にチェックメイトしたという見方なーんてな感じの、右サイドバックのお花畑の寝言ポエムも、所詮ズリネタに過ぎなくしてしまったのが、



「我ら」がヒーロー、安倍晋三内閣官房長官その人なのである。
あと、ぬけ作防衛庁長官



こいつらだけじゃないが、こいつらは特にホント、心底、外交が内政と直結していることをまったく理解できていない。
9割9分の確立で、「防衛構想」を「純然たる日本の内政問題」だと考えていたフシがある。
もうね、アホかとバカかと。
150円やるから、北の炭鉱へ出稼ぎに行って来い。片道切符で。



なんでほいほいと軽々しくもうれしそうに「敵」がいきり立ってる目の前で、わざわざこの安保理決議案採択前というタイミングで、「われわれは軍拡を始めますよ宣言」を大っぴらに発言しているのか。
ホントにこいつらはいったいなにがしたいのかしたくないのか、まっっっっっっっっっったくワカラン。




北と外交する気なんてかけらも無いのだということか。


中国と外交する気なんてかけらも無いのだということか。


韓国と外交する気なんてかけらも無いのだということか。


そもそも外交なんて概念が無いのだということか。






こいつらは敵に塩を送ってるんじゃない。敵に城を明け渡しているといったほうが正しい。






こんな奴が次期首相候補だなんて、うれしすぎるにも程があるじゃありませんか。





中国・北朝鮮・韓国・ロシア・アメリカにとって。


ほっといたら自滅してくれる一国のトップがタダで手に入るなんて、もうホント諸外国にとって日本は世界に誇る政治技術立国ですね!!!






ちなみに、アメリカが日本の先制攻撃論に理解を示しているのは、当然、アメリカにとって軍事力コストの削減になるから。
もちろん、属国に対して必要以上の軍備は認めないだろうが、な。




まあ、イギリス・フランスが妥協案を出してきた時点で、もう日本の外交は退場なんだけども、もし10日くらいのタイミングでできたことといえば、


アメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・イタリア・カナダと共闘を組んで、ロシアに対して「拒否権を行使したらサミットを延期しますよ=ロシアじゃない別の所で開催しますよ(はぁと)」みたいな脅しをかけること」


もできたんだろうけど、まあ、もう無理だね。


あと日本にできることといえば、それこそお好みの「内政問題」に集中することだけ。
朝鮮総連とそのとりまきの工作員もどきに対する一斉検挙。これに尽きる。