優しい男はASですか


人気ブログランキングへ


がけっぷちっ! - [2ch]日刊スレッドガイド:優しい男は損ですかより


「大抵、表面的にはいい人を気取っている割に、」
>>>通常、アスペルガー症候群の人は温厚で、ルールに対して生硬なまでに従順であることが多い。


「実は、面倒なことやリスクから逃げて、自分が必死になりたくないだけで、」
>>>その反面、わずかな変化やストレスに弱く、同一の環境に対してこだわりを見せる。


「自分の限界や実力が露呈することを恐れて、自分を取り繕うことだけを考えている。」
>>>プライドや自意識の問題ではなく、安定した自己生存環境を求めることを特徴とする。


「自分から女に話しかけたり誘いをかけるわけでもなく、待っているだけの態度で、」
>>>他の人間に対する正しい振る舞いが理解できず、また「空気」や「常識」といった「暗黙のルール」や、肉体的、感情的な非言語的コミュニケーションが理解できない。


「同性にすら、自分が仏頂面をしていても優しく扱われることを一人で期待していて、」
>>>その反面、周囲の人間との関わりは健常者同様、必要としており、コミュニケーションから撤退しているわけではなく、そのやり方=ルールがわからないだけである。


「グループ行動ができず、かといって一人でも、一匹狼ではなく群れからはぐれた羊。」
>>>集団行動において「場」を支配する非言語的な「暗黙のルール」を理解することが出来ず、その複雑で変化の多い関係性を把握することが出来ない。それでいて、コミュニケーションへの欲求が完全に失われているわけではない。


「自分から企画をしたり、決断をするわけでもなく、すべて人に任せるだけで、」
>>>単純記憶に優れた点から知識は豊富であるが、その知識を他のものと組みあわせることが苦手。かつ、時系列的な発想が出来ず、計画的に行動に移すということが苦手。


「問題が起きれば、自分は関係ない顔をして逃げたり、」
>>>どの範囲までが自分の関りのあるものかが具体的に説明されず、「暗黙のルール」で求められていた場合、それを理解できずに自分の作業に没頭し続けることが多い。あるいは、パニックを起こしてその場から「撤退」している場合もある。


「迷惑そうないやな顔をするだけで、当然ながら仲間からの信頼がゼロに近く、」
>>>肉体的、感情的なコミュニケーションというものを理解できないため、好悪が顔に出やすい。また、その問題に自分が参加の必要を感じてはいても、集団との関わりのつなぎ方がわからないままで固まってしまうことが多い。その結果、同調的な健常者集団からは排除されやすいことにつながる。


「そういう評判にも敏感な女からは敬遠される。」
>>>同調することが最上の「適応」とする価値観からは、孤立的なアスペルガー症候群の人は否定的な評価を受けやすい。


「当事者として経験を積むことがなく、年齢の割には顔つきが非常に幼く、」
>>>これは、アスペルガー症候群の人が健常者とは得意分野が全く異なるため。たとえば、医者や研究者という立場においては健常者をはるかにしのぐ成果を生むことが多い。しかし、ビジネスなど一般的な分野においてはまず同調が求められるため、その「経験」が得にくい。また、血縁や年齢に関わりなく顔に同様の形質が見られることは、ダウン症の人と同様アスペルガーの人においてもなにかしらのパターンがあるとおもわれる。


「そのくせ、ろくな運動や食事をしていないのか、肌や体つきがかなり老けていて、そのアンバランスさが全体的にエイリアンっぽくて、童貞の匂いがプンプンしてくる。」
>>>これは主観的印象ではあるが、社会性の欠損、意思疎通の欠損、行動性の欠損があるため、まったくの異文化的存在=「エイリアン」と評される場合がある。


「会話の内容が、テレビやネットを通じた他人の話ばかりで、行動力のなさが窺え、」
>>>能力的に協調運動が苦手で、集団競技の多い学校教育課程における否定的経験の結果、運動そのものに意欲を失いがち。また、定常的な環境を求めるところから、テレビやネットあるいはゲームといった室内環境において操作可能なものに対して、非常に親和性が高い。


「知識自慢で相手を退屈させ、相手の話には必ず否定的な説教をして自分を偉く見せ、」
>>>単純記憶力に優れた場合が多く、またこだわりを持った分野については超人的な能力を発揮するため、それがコミュニケーションの「ルールの欠如」とあいまって、相手の事情を考えない長話となる。また、批評や分析的な意見を自由に述べるため、大人びた偉そうな口調と取られることが多い。


「話を膨らませるより遮断させることが得意で、」
>>>「暗黙のルール」に基づいた「ノリ」的な「談話」ができない。


「ネガティブなオーラが顔をますます暗くする。」
>>>失敗や過失に対して精神的に非常に脆く、それを恐れるがために消極的になりがち。


人気ブログランキングへ


新訂 自閉症の謎を解き明かす
ウタ フリス
東京書籍
売り上げランキング: 234645
おすすめ度の平均: 5.0
5 自閉症の最新の研究結果を知りたい人には最適


自閉症とアスペルガー症候群
ウタ・フリス 冨田 真紀
東京書籍
売り上げランキング: 126656
おすすめ度の平均: 4.5
4 自閉症とくにアスペルガー症候群の研究の歴史
5 日本の自閉症療育をリードしてきた者への警告
4 やや難しい でも読んで損はない本


高機能自閉症・アスペルガー症候群入門―正しい理解と対応のために

中央法規出版
売り上げランキング: 58945
おすすめ度の平均: 4.5
5 最初に読みたい
4 教育者なら知っておいて損はない知識
3 勉強にはなったけど…
5 お薦めできます
5 繰り返し読んでいます


あなたがあなたであるために―自分らしく生きるためのアスペルガー症候群ガイド
吉田 友子 ローナ ウィング
中央法規出版
売り上げランキング: 3023
おすすめ度の平均: 4.5
5 読み手に配慮した内容です。
5 少しでもラクになりたくて、探してました!
5 わかりやすいです
5 とても良い本です
5 元気がでました!



<参考>
What’s? アスペルガー症候群
アスペルガー症候群を知っていますか
アスペルガー症候群の子どもの理解:教師のための指針




ガイドブック アスペルガー症候群―親と専門家のために
トニー・アトウッド 冨田 真紀 内山 登紀夫 鈴木 正子
東京書籍
売り上げランキング: 95723


発達障害の子どもたち (講談社現代新書)
杉山 登志郎
講談社
売り上げランキング: 830





図解 よくわかる 大人の アスペルガー症候群
上野 一彦 市川 宏伸
ナツメ社
売り上げランキング: 2958